京都米 岩倉さかばら産 山から流れる水で育ち愛情をこめて育てられたお米 岩倉という地で京都の伝統を次の世代に受け継いでゆく きぬひかり
田園風景

私たちの米作りプロジェクト

「京都にも美味しいお米があることを知って欲しい」そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。「京都岩倉さかばらブランディングプロジェクト」は人手不足に悩む農家の方々と若者を繋げ、日本文化や先祖代々守られてきた農地を守り、次世代へ伝えるという目的のもとボランティアの有志を募り米作りを行っています。本プロジェクトを通してできた、「京都岩倉さかばら産きぬひかり」もちもち、甘くて、絹のように艶々なお米です。                     
 

京都岩倉さかばら産 生産地は 京都の岩倉坂原。 この地域では、 百年以上前から 米作りが行われており、 先祖代々 受け継がれてきました。 京都岩倉坂原は お米作りに最適な 環境が整っています。 綺麗な水が豊富で 寒暖差が激しく、 鹿、イノシシ、熊も出る 「自然豊かな隠れ里」 の様な地域です。
田園風景

京都岩倉さかばら産

生産地は京都の岩倉坂原。この地域では、百年以上前から米作りが行われており、先祖代々受け継がれてきました。京都岩倉坂原はお米作りに最適な環境が整っています。綺麗な水が豊富で寒暖差が激しく、鹿、イノシシ、熊も出る「自然豊かな隠れ里」の様な地域です。 

生産者の想い
生産者写真

生産者の想い

雨、風、夏の日差し、天気や稲の色、自然と共存しながら八十八(米の意味)様々な工程を経て、先人からの伝統と知恵を脈々と引き継いで収穫を迎えます。実り豊かな秋の収穫日に向け冬の間に準備をすることで、無事に美味しいお米が食べられる日を迎えられた幸せが込み上げます。自然の恵みに感謝、かくれ里で作られたお米「さかばら米」です。

雨、風、夏の日差し、 天気や稲の色、 自然と共存しながら 八十八(米の意味)様々な工程を経て、 先人からの伝統と知恵を 脈々と引き継いで収穫を迎えます。 実り豊かな秋の収穫日に向け 冬の間に準備をすることで、 無事に美味しいお米が 食べられる日を迎えられた 幸せが込み上げます。 自然の恵みに感謝、 かくれ里で作られたお米 「さかばら米」です。

お問い合わせ

“京都岩倉さかばら産 きぬひかり”のお問い合わせは
iwakura.sakabara@gmail.comよりご連絡ください。 
 
お問い合わせ

GALLERY

 

 

@iwakura_sakabara